中屋ファーム

生姜生産日本一の高知県,その中でも最高の環境である
高知市行川(なめがわ)の根生姜・新生姜を採りたての状態でお送りします。|中屋ファーム

商品カテゴリ

コンテンツ

ブログ紹介

ブログ

 

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

【重要】コンビニ、電子マネー決済停止のご連絡

いつも当店をご愛顧いただきまして、ありがとうございます。

唐突ではありますが、以下お支払い方法につきまして、停止させて頂く事になりました。

「コンビニ、ネットバンク、電子マネー決済」

と言いますのも、このお支払い方法は、以前から数限りなく、
コンビニの払込書が同封される後払いタイプのものと間違われる場合があるためです。

当店もお支払い選択画面や、メールなどでご説明しておりますが、
こうした支払方法をご存知ない方にとっては、何の事かイメージが付かないと思います。

お客様にご迷惑おかけしてしまう事になります。
そのため、これ以上の混乱を避けるためにも、停止処理させて頂きます。

いつもコンビニ決済にてお支払い頂いていたお客様におかれましては、
勝手を申し訳ござませんが、何卒ご了承くださいませ。

なお、その他のお支払い方法は、今後も継続して参ります。


中屋ファーム 中屋賞宏

2018-03-26 16:30:40

コメント(0)

【送料変更】本日より、送料が変更しました

みなさま


お世話になります!

先日よりご連絡しておりました通り、本日より送料が変更いたしました。

今回は、数十円の変更となり、地域によってはこれまで通りの所も多々ございます。

ただし、これも再三連絡してます通り、
郵便局から、今年の夏以降に大幅値上げを告知されております。

まだ詳細な金額が分からないですが、お客様のご負担が少しでも少なくなるよう
努力して参ります。

よろしくお願いいたします。


中屋ファーム 中屋賞宏

2018-03-01 10:15:47

コメント(0)

【重要】3月1日より送料が変更します

お客様へ重要なご連絡です

3月1日より、送料が若干変更致します。

【北海道】北海道…1,337円~変更なし~
【東北】青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島…885円~変更なし~
【関東】茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・東京・山梨…730円~変更なし~
【信越】長野・新潟…730円~変更なし~
【東海】静岡・愛知・三重・岐阜…689円
【北陸】富山・石川・福井…689円
【近畿】大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山・兵庫…638円
【中国】岡山・広島・山口・鳥取・島根…638円
【四国】香川・徳島・愛媛・高知…586円
【九州】福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島…689円
【沖縄】沖縄…2㎏→1,173円、4㎏~8㎏→1,378円、12㎏~16㎏→1,687円

沖縄県の皆様、すみません。
ここだけ重量別になってしまいました。。。

なお、今回は第一次値上げになります。
思っていた程価格が変わらなかったので一安心しました。

しかし、それも束の間…今年の夏以降に、第二次値上げが行われる予定です。

これが、けっこうな値上げ幅になるようです。

出来る限り安く抑えてもらえるよう交渉しておりますが、
運送会社全体の流れもあり、難航しております。

お客様には、ご負担が増えてしまうので、当店としても辛い部分ですが、
何卒ご了承のほど、宜しくお願い致します。


中屋ファーム 中屋賞宏

 

2018-02-23 10:19:01

コメント(0)

送料がちょっと値上げされます

あーー、ほんとうに寒い!
今年の寒気団は、なんでこんなにすごいんでしょう。

さて、あんまりいいお話ではございません(´;ω;`)

今年、二段構えで送料が値上げされます。

予定では今月の中頃以降で、ゆうパックの送料が若干変更します。

ちょっとだけなので、これはそれほどでもないです。

しかし問題は、今年の夏頃。。。

まだ細かい値段は分からないけれど

ここら辺で大幅な値上げとなります。

郵便局側と交渉もしましたが、こればかりはどうしようもないそうです。

恐れ入りますが、どうぞご了承くださいませ。

2018-02-05 09:24:15

コメント(0)

根生姜の予約販売を開始いたします!

本年も根生姜の【予約販売】を開始いたします!

販売開始は、12月の中頃~下旬頃になります。
今年収穫した新生姜を、約一か月半保管した根生姜になります。

※日付のご指定について
12/29~1/5までは、年末年始の休業日となります。
その間はHPで受注受付はしますが、発送作業はできませんので、ご了承くださいませ。

2017-12-09 10:06:03

コメント(0)

土つき根生姜、一旦販売終了しました

こんにちは!


唐突で恐れ入りますが、根生姜は、注文殺到のため一時的に在庫なしとなりました。
次の販売は、本年収穫の根生姜を、12月中頃から下旬頃に予定しております!

追って、ご予約も受け付け開始いたします。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。



中屋ファーム 中屋賞宏

中屋ファーム 中屋賞宏

 

2017-12-06 08:59:43

コメント(0)

生姜の保存方法

◆生姜の保存方法◆

生姜を保存する際の注意点を、以下に掲載いたします。

①低い温度
10度以下の気温での保管は、生姜が傷みやすくなるのでご注意下さい。
そのため、冷蔵庫での保存は、極力避けて頂きたいです。

一般に生姜は、冷蔵保存するものと思われがちです。
しかし、「生のまま」で保存するなら、なるべくしない方がいいです。

「でも、スーパーで買った生姜を冷蔵庫に入れてもいたまなかったですが…?」

実はその通りで、すぐにはいたみません。
だから、短期間でお料理に使用される場合、冷蔵庫にちょっと入れるくらいは大丈夫。
その際は、できたら野菜室の方が無難と思います。

「冬季は、常温でも10度以下になりますけど…。」

10度下回っても、すぐはいたみません。
どのくらいの低温かによりますが、だいたい1ヶ月近くは持つのではないかと思います。
常温が冷蔵庫の野菜室より低いという場合は、野菜室の方へ入れた方がいいでしょう。

(注意)0度前後かそれ以下の強い寒気にさらされると、思いがけず急速に傷み始めます。

なお、お漬物などに加工後の冷蔵保存は、問題ないようです。
 
②日光や照明
直射日光や明るい所での保存は、生姜の表面を緑色に変色させていきます。
蛍光灯などの照明も同様です。
それで食べられなくなるという訳ではないですが、生姜にとっていい状態でもありません。
なるべく室内の、暗い所での保存をお勧めします。
 
③乾燥
乾燥は、乾燥生姜にするのであれば問題ないです。
しかし、生のまま保存したい場合には、注意が必要になります。
(多少表面が乾く程度だったら問題なし)

・濡れた新聞紙で包むなどありますが、一番簡単なのは、ポリ袋に入れる事です。

ポリ袋とは、ポリエチレンやポリプロピレンを原料とした袋です。
市販されているキッチン用保存袋、ゴミ袋、たぶんスーパー袋も大丈夫。
もちろん、商品を入れている袋を、そのまま保存袋にしてもらっても構いません。

しかし、サランラップ・クレラップなど、塩化ビニルはNGです。
ポリ袋には、目に見えない小さな穴が空いているため生姜が呼吸できます。
ところが、サランラップなどは、その穴がありません。
すると、生姜が袋の中で窒息して傷みを早めてしまいます。

注)ポリ袋でも、口をねじるようにくくって完全密閉するのは、あまりオススメできません。
多少でも空気が入る余地を残してあげるような形が理想です。

なお、保管中にポリ袋の底の方に水がたまっている場合は、その水を抜く事をおすすめします。
水に長時間浸った状態だと、その部分が傷みやすくなるためです。

~新生姜の場合~
新生姜は、生野菜です。繊維が締まっておらず傷みやすいため、お早めのご利用をオススメいたします。
10月初旬のものは、1~2週間で傷む場合があります。
なお、表面が柔らかく傷みやすいため、商品梱包時においては、小袋に小分けしております。

以上が、保存方法の主たる所になります。

結局、一番難しいのが冬季です。
地面に穴を掘ったり、山肌に洞窟のような穴を人工的に作ったりすれば、
冬でもある程度一定の温度で管理できるそうです。

しかし、普通なかなか穴も洞窟も掘るのは、現実的に難しいと思います。

そのため、なるべく早くお料理される事をオススメ致します。

なお、保存できる期間ですが、上記保存方法を用いても、どのくらい持つのかはハッキリ申し上げられません。
だいたい一か月ほどは、たいてい持つと思いますが、特に冬季は難しい所がございます。

どうしても配送途中でも寒気にさらされるので、その分どうしても生姜自体が弱っている場合があります。
東北・北陸・北海道などは、特にその可能性がございます。

ある程度長く保管される場合は、時々生姜の様子を観察してご判断ください。

2017-11-16 20:54:13

コメント(0)

ご購入者が別の方へ贈答されたい場合の操作方法について

ご購入者が別の方へ商品をお送りしたいという場合のケースについて、その操作方法を説明します。
 
まず、ご購入者様のお名前や住所を、ご注文画面の入力案内に従い通常通り入力します。
入力後、「次へ」ボタンを押すと、画面が切り替わり、お支払い方法を選択します。
 
さらに「次へ」ボタンを押すと、切り替わった画面に、「別のお届け先に変更」というボタンがあるはずです。
それをクリックしたら、名前やご住所入力画面に切り替わります。
 
そこで、お届けしたい方のお名前や住所など入力ください。
そのまま案内画面に従い手順を進めると、ご注文者がお届けしたい方へ贈答という形の処理になります。
 
最後に入力情報を確認する画面があるので、そこでご確認いただければ、そのようになっているかと思います。

 

2017-11-14 20:38:31

コメント(0)

根生姜の切り口について

こんにちは!

前回に引き続き、根生姜についての話題です。

というか、諸注意になります。

一番新しいものは、12月中頃~下旬に販売開始する根生姜です。

根生姜は、前年11月に収穫したものを、同年12月中頃より販売開始し、翌年の11月頃まで販売します。
これは、生姜を扱うその他の業者でも一般的で、長い場合には、収穫から1年3ヶ月ほど販売する所もあるようです。
しかし、自然現象で、時間の経過と共に、保管中生姜の頭部分がちょっとずつ劣化してきます。
そのため、当店では事前にその部分を切り取っております。

特に、収穫翌年の9月、10月、11月と時間が経過してくると、より切り口が増えてきます。
10月末から11月頃は、切り口が沢山あって、商品画面の見本に比べて、何だか不格好になってくるのが申し訳ない所です。

それで、今回事前にご連絡しておこうと思った次第です。

しかし、スーパーなどで販売されてる生姜は、さらに大胆にカットされてます。
だから、お客様の方がそういうものには慣れているのかもしれません。

もちろん生姜の中身自体には問題ございません。

腐っているとかいうのでなく、自然現象的に劣化してくるというニュアンスですので、
何卒ご理解ご了承の程、よろしくお願いいたします。


中屋ファーム 中屋賞宏

 

2017-11-12 19:28:34

コメント(0)

根生姜は、11月に収穫した新生姜を保存したものです

いつもお世話になっております!

今回は、どうやって根生姜になるのかご説明します。
本当は、最初から商品ページに掲載してればよかったんですが、、、

毎年11月初旬より、本格的に新生姜を収穫し始めます。
その時リアルタイムで販売しているのが、当店の新生姜になります。

しかし、畑にあるすべての新生姜を、その時販売し尽くす訳ではありません。
そこから大部分は専用保管庫で寝かせます。

すると、だんだん生姜の繊維が締まり、水分もいくらか抜けていきます。
表面はだんだん黄色くなり、さらに茶色く変色して参ります。
同時に茎の根本部分は溶けて行きます。
それに伴い、辛みが増して、断面も黄色く、固くなっていきます。

そうして一定温度で約1ヶ月半~2ヶ月ほど寝かしておくと、新生姜だった生姜が
「根生姜」へと変身していくという流れです。

そこから、翌年の11月頃まで販売いたします。

そのため、もしもっとも新しい根生姜をお求めの場合は、12月中頃の販売開始時にご購入されることをお勧めします。

以上、根生姜についてのお話でした!


 

2017-11-12 19:03:15

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5